任意整理したらクレジットカードって作れない?※実際はどう?

任意整理したらクレジットカードって作れない?※実際はどう?

任意整理したらクレジットカードって作れない?※実際はどう?

借金の返済が滞ったときに選ぶことができる解決方法はいくつかありますが、最も簡単にできるのが任意整理です。任意整理とは、借金を法定利息に引き直し計算して得られた金額に関して、分割で支払うという和解契約を結びなおす手続きです。これは、長期的に借り入れをしている人の場合にはグレーゾーン金利による支払いを長く続けているため、過払い金が発生していることもありますし、大幅な減額になることも期待できます。また、任意整理で和解をした後の返済は、ほとんどの業者が無金利にしていますので、これまでの返済よりもかなり負担が軽くなります。
キャッシングだけでなく、クレジットカードの返済も任意整理で返していくことができます。ただし、当然クレジットカードは破棄して返さなければなりませんし、今後しばらくはクレジットカードを別の会社でも作ることはできません。借金の整理をした場合には、その情報が信用情報に書き込まれ、数年間は消えることがありませんので、新たな借り入れやクレジットカードの発行、ローンなどはできないと考えておきましょう。なお、任意整理の場合には裁判所の手続きとは違って官報に掲載されるようなことがありませんので、周囲に借金の整理をしたことが知られる心配はありません。また、弁護士や司法書士に払う費用も他の手続きに比べて安くなっていますので、全額返済する意思があるのであれば比較的とりやすい手続きであるといえます。