任意整理のデメリット&デメリットは?※かんたん5分解説!!

任意整理のデメリット&デメリットは?※かんたん5分解説!!

任意整理のデメリット&デメリットは?※かんたん5分解説!!

多額の借金を背負ってしまって自分ではもうどうすることもできないと感じた時、いっそのこと人生を諦めた方が良いかもしれないと考える方もいるでしょう。
毎日のように催促の電話がかかってきたり請求の通知が届いて逃げるように生活していれば次第に精神的にも衰弱していくものです。
しかし、債務整理のひとつである任意整理を行うことで借金を整理することができるのです。
任意整理は借金の総額を減額、また将来利息を0にすることができるので毎月無理のない範囲で返済していくことができるほか、債権者との直接交渉になるので裁判所を通す必要もなく、他人に知られずに手続きを進めていけるので他の債務整理と比べてメリットが多いのです。
また長期間返済をしていた場合などは過払い金が発生している可能性が高く、同時に過払い金請求を行うことができるので借金の総額を大きく減額することが可能です。
デメリットといえば任意整理をしたことがブラックリストに載ってしまうので5年から7年は信用情報機関に登録されるということです。
また、任意整理を行って借金を返済できなかった場合は自己破産になってしまうこともデメリットといえるでしょう。
しかし任意整理は他の債務整理と比較してもメリットが多く、デメリットが少ないのが特徴です。
自分に合った債務整理が任意整理なのかどうかは、借金問題に強い弁護士か司法書士に相談して詳しく説明を受けると良いでしょう。
借金が減る可能性がありますのでまずは相談してみることをおすすめします。