任意整理後ってローン組めない?|組めた人がしたことまとめ

任意整理後ってローン組めない?|組めた人がしたことまとめ

任意整理後ってローン組めない?|組めた人がしたことまとめ

借金問題に苦しんだことのある経験を持っている人の中には、任意整理の手続きを行うことで解決した人もいるかも知れません。
過去に任意整理の手続きを行った経験のある人にとって、住宅の購入を考えたときに住宅ローンの審査が通るのか心配な点であると考えられます。
住宅ローンを組むために融資の申し込みを金融機関に行ったときには、返済能力があるかどうかの確認をするために審査を受けることになります。
住宅ローンの審査では、申し込みを行った本人の年収や勤務先、過去に任意整理などの金融事故を起こした経験があるかどうかについての信用情報などにおいて確認されることになります。
任意整理をしたことのある人は、一定期間において信用情報を照会するときに履歴が残っていますので、その場合には住宅ローンの審査を受けたときに調べられます。
ローンを組む際の審査で利用される信用情報機関においての登録については、一定の期間が経過することで消えることになります。
任意整理を行った人の場合には、信用情報機関に登録されている期間はおよそ5年ほどの期間と言われています。
ですので、住宅ローンなどの申し込みができるようになる目安の期間は、任意整理の手続きを行ってから5年以上経過した後と言えます。
これらのことを踏まえると任意整理を行った後は、信用情報機関に登録されている間に住宅ローンの申し込みを行ったときには審査を通過することは難しいと考えることができます。